クラウドファンディングを上手に活用!

資金調達だけじゃない!活用方法

上手に活用していこう

クラウドファンディングのメリットでお話したように、クラウドファンディングはなにも資金調達のためだけに利用するものではありません。
確かに資金調達の目的で利用する方は多いですが、それ以上にマーケティングとしての活用が大いに見込めるものでもあります。

クラウドファンディングを利用する上で頭に入れておきたいのは、お客さんのニーズありきでの開発を行うという信念です。
通常の会社や、営業という場合、既存の製品やサービスを売り込む商法です。
よって顧客は、使ってみなければその価値がわからない、というわけです。

しかし、マーケティングとして活用するのであれば、そもそもの発端が顧客のニーズであるため、顧客にとっては使ってみたい、と思うのが自然です。

その違いを理解しなければ、最大限に活用することは難しいのです。

ニーズを引き出すために

先ほどもお話したように、クラウドファンディングを利用したビジネスには顧客のニーズが最重要事項です。
マーケティングとは、消費者が買いたいと思えるようにすることです。
クラウドファンディングを利用して商品を開発し、販売していくのであれば、多くの人が必要性を感じられる背景と共感のポイントが大切です。

どんな人が、どのような背景でその商品を作りたいと考えたのか、またどんな技術があるのか。
こういった情報を掲載すると、こういった経緯のもので、この人が作るなら使ってみたいと思わせることができます。

そういった確固たる裏付けがあれば、顧客の眠っているニーズを引き出すことができるのです。
事業計画の時点で、基盤となる部分をきちんと詰めていくことが、クラウドファンディングを最大限に活用するためのカギなのです。